関根勤、心臓手術から健康オタクに 「3歳になる孫の成人式まで生きたい」

「タニタ新事業戦略 記者発表会」に関根勉・麻里親子が登場。健康や3歳になる孫について語った。

集合写真

29日「タニタ新事業戦略 記者発表会」が開かれ、ゲストとしてタレントの関根勉・麻里親子が登場。自身の健康や、今3歳の孫について語った。


画像をもっと見る

 

■心臓に…


じつは3年前、心臓にステントを入れる手術を受けている勉。自覚症状は全くなく、ロケで行った検査で発覚したという。

関根勉

「小堺(一機)くんと行ってきてって言われて、大阪の番組だから笑い多めにしようってロケ中ずっとふざけてたんですよ。悪いなんて知らないから」と気楽に検査した結果、「冠動脈3本のうち、2本が詰まりかけて小川状態」になっていることが判明。

無作為に同い年の人を100人集めて順位をつけたら、上から4番目に悪い…と説明され、「これはグレーゾーンを超えてますから、ステント入れます」と手術になったと明かす。


関連記事:『モニタリング』男女の密着行為が映り込み騒然 「放送事故」「ヤバい…」

 

■今は健康!

関根勉

今は健康維持のために3ヶ月に1回検査を受けており「僕はラッキーだった。あのまま暮らしてたら、いつか、どこかで倒れてました。新聞の1面に載ってたかも」と笑う。

しかし、娘の麻里はまだまだ心配なようで「すぐ調子に乗って早食いに戻っちゃう」と指摘。

関根麻里

健康番組にも興味津々で「毎晩、健康番組見てます。食べるものが多くて! 納豆、みかん、海苔、アボカド、オリーブオイルとかごま油…結局バランスよく食べればなんでもいいんじゃないか」と思いつつも、ノルマのように『健康にいい』と紹介された食品を食べる日々なんだとか。

次ページ
■孫もモノマネ!?

この記事の画像(15枚)