夫から離婚告げられ「死にたい」と絶望する女性 その理由に賛否が相次ぐ

母親に夫の愚痴をつぶやいたら離婚を宣告された…。夫婦の価値観にさまざまな声があがる。

離婚
(takasuu/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

愛するパートナーとはいえ、もともとは赤の他人同士。性格や価値観の違いによって別れが訪れることは珍しくない。

このことについて、『Yahoo!知恵袋』に投稿されたとあるトピックが話題になっている。


 

■母親に夫の愚痴を話したら…

夫から離婚を告げられ、「死にたい」と嘆く投稿者の女性。妊娠をきっかけに結婚して2年半だが、夫はもう我慢の限界だという。性格が合わないことは両者ともにわかっていたが、投稿者が母親に夫の愚痴を話したことがきっかけで事態が悪化する。

投稿者は母親にLINEで、日頃の些細な愚痴をややオーバーに誇張して相談していたのだが、夫に携帯を見られてしまった。


 

■もともと夫婦仲は良くなかったが…

夫は「友達に愚痴ることはあっても母親に言わない」とのこと。投稿者としては、友達に愚痴を言う感覚だったのだが、意見が合わず。もともと夫は投稿者への愛情を失ってしまっていたようで、隠すのがしんどかったよう。最近も夜の営みはレスだったという。投稿者はそんな夫の気持ちを薄々気づいていたこともあり、焦って空回りしたようだ。

夫の気持ちは尊重したい一方、子供がまだ2歳で両親が揃った状態にしてあげたいこと、夫を愛していることから「踏ん切りがつかない。好きだから、別れたくない」と悩んでいるようだ。

次ページ
■「やれることをやってみる」「新たな人生のほうが…」

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ