『イッテQ』手越祐也、“裏切る人の特徴”を吐露 「分かる」「説得力ありすぎ…」

放送予定が変更になるなど、「番組降板」を危惧する報道もあった手越。禊ロケでつぶやいた一言に、ファンが騒然となる場面も

エンタメ

2019/02/18 11:30

手越祐也
(©ニュースサイトしらべぇ)

17日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)では、「手越祐也のノーチャラ生活」を放送。

スキャンダルが相次ぐ手越への「禊企画」なのだが、ユニークな私物や現在の私生活の様子が伺える発言の数々に、視聴者から多くの反響が寄せられている。


 

■オトナな私物を発見され没収

フィリピン・パラワン島のナプサン村にて、電気もガスも通っていない環境で伝統的な暮らしをしている人々とともに、村の一大産業である「籐家具作り」を体験することとなった手越。

「労働に不必要だ」として、スタッフが手越の手荷物を確認し、タブレット端末や香水など次々と私物も没収されていく。没収されたものの中には、そらジローのポーチや、女性のバストを象ったオトナなキーホールダーなど、ユニークな品々が。


 

■「八方美人な人ほど裏切る」

籐家具工場の社長から家具作りを教わり、村の生活にも次第に順応してく手越だが、その節々で「スキャンダル騒動後の私生活や精神状態」が伺えるような場面も。

家具にもなり、食料にもなる籐だが、トゲが多いことが短所であると語るシーンでは…

「芸能人もトゲが多い人多い。トゲがあって一見近づきにくかったり、怖そうに見えるんだけど、そういう人に限って喋ってみるとめっちゃ優しい。逆に、マイルドな人いるじゃん? すっごいニコニコして八方美人で優しい人。そういう人ほど、距離縮めると裏切る」


と吐露。また、現在はWi-Fi環境の整った自宅で、タブレット端末をイジって過ごすことが多いそうで、「(タブレットが)彼女のよう」だとも明かしていた。

次ページ
■「めっちゃ分かる」と共感の声

あなたにオススメ