永野芽郁の悩みに視聴者も共感 「別に病んでるわけではないけど…」

永野芽郁が『ホンマでっか!? TV』に出演。番組で打ち明けた悩みに視聴者から共感の声が殺到している。

永野芽郁

NHK連続テレビ小説『半分、青い。』で主演を務めた女優、永野芽郁が6日放送のバラエティ番組『ホンマでっか!? TV』(フジテレビ系)に出演。インターネット上では、永野が打ち明けた悩みに共感する声が上がっている。


 

■朝ドラを終えたことも理由

永野の悩みは「人生の楽しみが見つけられない」というもの。「この先何をしようだとか、今自分がしてることが果たして合ってるのだとか、今やってることが先に繋がるのか」と考えてしまうそうだ。

それを聞いたマツコ・デラックスが「朝ドラ終わったあとだからじゃない?」と分析すると、永野は「それもありますね」と頷く。

そして、「朝ドラ終わってからも作品をやらせてもらってるんですけど、一瞬で終わるんですよ」と、朝ドラと、ほかの映画やドラマの撮影期間にギャップを感じていると話した。


関連記事:桑田真澄氏の次男・Matt、最新ビジュアルに騒然 「もはやCGにしか…」

 

■ライバルがいると張り合いがある

そんな永野に、心理評論家の植木理恵氏は「ライバルと思っている存在がいるか」を質問。特に意識している存在はいないという回答を受け、「ライバルがいないのは決定的に楽しくないですよ。競争する相手がいないのは、張り合いがないに等しいですから」と分析する。

そして、「女優さんの中だけじゃなくても、『この人みたいになりたい』『この人を超えたい』という存在を(作るべき)」と助言した。

この心理分析に対し、さんまが「我々お笑い人は若手とか全部ライバルやもんな?」とブラックマヨネーズにパス。

吉田敬は「やりたてのときなんて、『全員スベれ』と思いますから。正直今でも『あんまりウケんな』思うんで。まあちょっと成長してるんですけど」と笑いを誘っていた。

次ページ
■視聴者からは共感の声が殺到

あなたにオススメ