利用頻度が高いのはどっち? 品揃えのスーパー vs 便利さのコンビニ

品揃えが多く価格も安いスーパー、そして近くて便利なコンビニ。どちらを利用している人が多いのか?

ライフ

2019/03/16 21:00

コンビニ
(AH86/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

品数が多く、リーズナブルなところが魅力のスーパー。一方で商品の数は少ないが、近くて便利なコンビニ。人々は、どちらを多く利用しているのだろうか。


 

■大多数のスーパー派

しらべぇ編集部では全国20〜60代の男女1,589名を対象に、「買い物について」の調査を実施。

スーパーよりもコンビニで買い物するグラフ

「スーパーよりもコンビニで買い物することが多い」と答えた人は18.3%と、全体では少なくなっている。


 

■男性はスーパーよりもコンビニ派

性年代別では、すべての年代で女性よりも男性の割合が高くなっている。

スーパーよりもコンビニで買い物する性年代別グラフ

既婚者で妻が専業主婦の人は、スーパーに行く機会がほとんどないようだ。

「食料品の買い物は専業主婦の妻がほとんど行ってくれるから、僕が一人でスーパーに出向くことはほとんどない。コンビニに寄って、スイーツとか買うのはよくあるけど」(30代・男性)

次ページ
■コンビニは定価なので

この記事の画像(4枚)

あなたにオススメ