夫の私物からへそくりが… まさかの金額に「なにか怪しい」と疑う声

夫のへそくりを見つけてしまった妻。金額の多さにびっくりしてしまうが…。

お金
(high-number/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

毎月節約しながら家族のために貯金をしている人からすれば、パートナーが「へそくり」をしていたら腹立たしいと感じるだろう。

このことについて、女性向け匿名掲示板『ガールズちゃんねる』に投稿されたとあるトピックが話題になっている。


 

■夫のへそくりが見つかる

投稿者である専業主婦の女性は、結婚して5年目になる夫のへそくりについて訴える。ある日、夫のスポーツシューズを洗おうと袋を開けたところ、現金と通帳が入った封筒が見つかる。気になる中身は70万円ほど。

夫の毎月のお小遣いは月2万円で、投稿者は5,000円以内。幼い子供2人を含めた4人家族で何かと支出も多いため、投稿者は「どうやってここまで貯めたのか?」と疑問を抱く。

家族のために節約し、夫には毎日お弁当を作り、外食を控えて少しでも安い食材を買うためにスーパをはしごして、ボリュームがある安いおかずを考えて…と努力していたため、「こんなに節約に取り組んでる自分がバカバカしく思えてきました」と不満を明かした。


 

■「なにか怪しい」「見て見ぬふりする」

投稿者に黙ってお金を貯めていた夫に、ユーザーからは「おかしい」「腹立つ」と投稿者に共感する声が寄せられた。

「ボーナスを少しずつ抜いてるとか? 70万ってそんな簡単に貯まる額じゃないよね」


「隠してるってことは内緒にしてるって事だから、なにか怪しい」


「2万円のお小遣いの中から少しずつなら許せるけど、給料自体をちょろまかしてたら腹立つ」


しかし、このような意見も。

「見て見ぬふりする。散財してるんじゃなくてちゃんと貯められる人なんだなって感心する」


「へそくりっていうかいざというときのために貯めてるだけじゃない? 用途を聞いてみては?」


■へそくりをしている人は…

不仲の原因にもなるへそくり問題。今回のケースは70万円だったが、中には100万円を超えるケースも…。しらべぇ編集部が全国20〜60代の既婚男女878名に「へそくり」について調査したところ、男性の2割、女性の約4割が「100万円以上のへそくりがある」と回答している。

はたして、夫のへそくりは何のお金なのだろうか。今後の夫婦生活のためにも、しっかりと話し合うべきだろう。

・合わせて読みたい→老後はどんな日々を過ごしたい? 「赤ちゃんみたいな生活」を送りたい人も

(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2014年8月15日(金)~8月19日(火)
対象:全国20代~60代 既婚男女計878名

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ