福岡・車6台が絡む事故に衝撃走る 「雷が落ちたかと」「安心して歩けない」

また事故が起きた、雷が落ちたほどの衝撃だった現場の様子とは…

社会

2019/06/05 18:00

事故 車
(Mikhail Sedov/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

高齢者の事故の影響とみられる免許証返納も増加傾向にあるが、全国各地で事故の連鎖が止まらない。4日の夜に、福岡市の交差点で大きな事故が発生。しらべぇ取材班は、県警・消防、そして現場周辺での事故の衝撃を取材した。


 

■車6台が絡み、2名死亡

福岡市消防局によると、午後7時5分「事故で複数の負傷者が出ている」という119番通報が入る。

消防車両17台、救急車6台が出動し、現場では2名が心肺停止で計8人が病院に搬送された。県警によると心肺停止だった高齢女性が午後8時30分胸部裂傷により死亡、高齢男性が午後10時10分出血性ショックで死亡が確認された。

現場は地下鉄藤崎駅近くの交差点。80代の男性が運転する乗用車が南側から交差点に入り、車と次々とぶつかった。男性が運転する車が逆走していたとの情報もある。


関連記事:園児2名死亡の交通事故に「やりきれない」の声 大津市消防局を緊急取材した

 

■車がひっくり返っていた

事故当時現場は雨が降っており、騒然としていたという。現場のすぐそばにある「博多めんちゃんこ亭 藤崎本店」のスタッフによると「雷が落ちたかと思った。すごい音で店内にいたお客さんも外に飛び出した。現場は多くのひとで騒然としていた」と話す。

地下鉄藤崎駅の駅員は「地下にいたので、事故は携帯ニュースで知った。事故は怖い」と言い、またセブンイレブン地下鉄藤崎駅店の店員は「事故後すごい人が集まっていた」と取材に回答。

現場周辺は飲食店やマンションが立ち並び、歩道に乗り上げたワゴン車の1台は完全にひっくり返った状態だった。


■「またか…」の声

ネットではまたかという声が多数あがっている。

「また 事故ですか」


「日本は自爆テロの心配はないがプリウスの暴走テロが今後も心配だ」


「歩道だからって安心して歩けないな」


「仕事や事情で必要なくて、交通機関が整っているところの50~60代の方、今から車なし生活はじめませんか?  慣れたら、なくても案外やってけますよ」


地方では車がないと生活できない場所も確かに多い。しかし、高齢者が車を使わなくてすむように自主的に駅の近くのマンションに移り住む現象も実際に起きている。「失われた命は二度と戻ってこない」。他人ごとだと思わないことが大切かもしれない。

・合わせて読みたい→85歳男性の車、歩行者3人と接触 事故後の供述に「何回聞いた言葉だろう」と嘆きも

(文/しらべぇ編集部・おのっち


あなたにオススメ