千代丸関、高橋メアリージュンの罵声に思わずにっこり 「Sな人が好き」

千代丸関が恋愛トークで「Sな人が好き」と公言し高橋メアリージュンが罵声を発する。ダウンタウン浜田がオトナな趣味の本を探し当てる場面も。

オトナ

2019/06/08 13:00

(画像提供:『ダウンタウンなう』©フジテレビ)

7日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ・関西テレビ系)の特別企画「相撲部屋で飲む」では、力士の千代丸関と九重親方が登場。ダウンタウンと坂上忍と飲み友達の高橋メアリージュンが、千代丸関の恋愛トークや禁断の私物で盛り上がった。


 

■好きなタイプは「Sの女性」

得意技は押しだが、恋愛は受け身体質な千代丸関。好きな女性のタイプが「Sな女性」と明かされると、メアリージュンの闇金ウシジマくんでの凶暴な女性の演技にドキドキしたことを語る場面も。坂上から「罵られたいタイプなのか」と聞かれれば、千代丸関が即答。

「めちゃくちゃ怒られたいです。(メアリージュンに)千代丸!! って言われたいです」


当然の流れというべきか、松本人志にお願いされたメアリージュンがドスの利いた声で「おい千代丸テメェ」と罵る。これには千代丸関も御満悦。

「ちょっと元気出た。ゾクッとしました」


にっこり笑顔を見せた。ここまでの恋愛トークの中で、過去付き合っていた恋人が自分と付き合う前に弟に言い寄っていた事実の暴露に心が折れていたが、持ち直したようだ。


関連記事:高橋メアリージュン、妹・ユウの挙式舞台裏を公開 溢れる家族愛に「こっちまで幸せ」

 

■個室に隠したお宝本が発掘される

(画像提供:『ダウンタウンなう』©フジテレビ)

千代丸関の個室を見る場面もあった。千代丸関は聞かされていなかったらしく、「ちょっとマズいな」としみじみ言ったかと思えば、しれっと誰よりも先に自分の部屋に向かう。だが、浜田が見逃さない。

「おい、走ってどこいくねん!!」


千代丸関に何かをする隙を与えない。一同が部屋に到着するも、怪しいものは見当たらない。一見普通の部屋である。だが何の脈絡もなく、突然、浜田がタンスの一番下を開ける。そこにはどっさりとオトナの絵本が詰め込まれていた。浜田の嗅覚、恐るべし。

「丸! マンガ好きやな~。劇画みたいなやつ」


浜田がお宝本を物色しながらイジる。夜のオカズまで暴露されてしまった千代丸関は、もう言葉もなく笑って誤魔化すばかりだった。

次ページ
■千代丸関のお宝本に対して視聴者爆笑

この記事の画像(1枚)