元タカラジェンヌ女優、入院中に聞こえてきた会話に涙 「情緒不安定だったため…」

子宮筋腫で入院・手術を公表した元タカラジェンヌ女優・理絵のブログに注目が集まっている。

エンタメ

2019/06/17 16:20

闘病中は、なにげない言葉が深く胸に響くもの。自分以外の人に向けられた言葉に感動することもあるだろう。

元宝塚歌劇団・花組で、現在は女優・モデルとして活動する理絵のブログが注目を集めている。


 

■がん患者の女性と同室に

子宮筋腫の開腹手術を受けたことを明かしていた彼女。先月1日に入院、2日に手術、10日に退院というスケジュールで、約10日間、病室で過ごすことになった。

彼女が過ごしたのは4人部屋。「てっきり4人とも同じ子宮筋腫の手術で入院してきているものだと」思っていたが、実際には違って、同室のひとりは抗がん剤の治療を受けている人だったという。


関連記事:滝沢カレンのゲームコントローラーの使い方に爆笑 「二度と触らせたくない」の声も

 

■友人が優しい言葉を……

そんなある日、その人の友人らしき人が面会に。「なんでこんなになるまでほっておいたの?」と尋ねた友人に対し、がん患者の女性は「忙しかったし子宮がん検診を初めてした時なんかちょっと痛くてやだなーって思っちゃって」と返答。

すると、友人は小さくため息をついたあと、「どうせあなたのことだから家族の前では我慢してるんでしょ! 私の前では好きなだけ泣きな!」と言ったという。それを受け、がん患者の女性は「子供の前ではつらい顔できなくて……この先どうしよう」とシクシク泣き出してしまったという。

次ページ
■自然ともらい泣きすることに

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ