80歳以上の7割が「運転に自信あり」 高齢ドライバーの運転免許について長嶋一茂らが熱弁

『ザワつく! 金曜日』で事故が多発する高齢者ドライバーの免許返納について、長嶋一茂、高嶋ちさ子が議論を交わした…

エンタメ

2019/06/29 16:20

高齢者運転
(maroke/iStock /Getty Images Plus/写真はイメージです)

アクセルとブレーキを踏み間違えて急発進、コントロールを失い暴走、道路を逆走するなど、連日のように高齢者ドライバーの運転ミスによる事故が報じられている。

28日放送『ザワつく! 金曜日』(テレビ朝日系)では、そんな高齢者ドライバーについて長嶋一茂(53)、高嶋ちさ子(50)、石原良純(57)が持論を展開し、大きな注目を集めた。


 

◼高齢者ほど「運転に自信あり」

番組では「年齢別、運転に対する自信の割合」をグラフ化したものを紹介。20代では49.3%が自信を持っているが、60代前半では38%まで減少。しかしそこからは年齢を重ねるごとに上昇していき、80歳以上では72%が運転に自信を持っていると判明した。

60歳後半以上が運転に自信を持っていくという傾向に、良純と一茂は「開き直りじゃないけど、そこで(自信がないとは)納得はできない」とこれまで運転の経験を重ねてきた高齢者の気持ちを分析する。

これに高嶋は「もし『自信がない』って言えば身内に取り上げられる」と指摘。一茂は「高齢者は車への憧れが強い」と前置きし、「自信がないですって言ったら自主返納させられる。これまで何のために頑張ってきたんだって思う人もいる」と解説した。


関連記事:進まぬ高齢者の運転免許証返納 約5割が「義務化すべき」

 

◼免許返納は老いの証?

さらに一茂は「免許返納は老いている証。自分が老いていると認識したらそこで終わっちゃう」と高齢者は考えがちだと持論を展開。免許の自主返納を納得できない気持ちに理解を示す。

良純は「いい女をスポーツカーで横に乗せて走るのが男の生きがいだった」と父親世代を語ると、高嶋は「免許返納したらキャバクラに20回いける」と免許の代わりに女性で満足させる策を笑いながら提案した。

次ページ
◼車が必要な人も…

あなたにオススメ