指原莉乃、卒業発表時に言われてツラかった言葉 「なんで待てなかったの?」

元HKT48の指原莉乃が卒業発表時にファンから言われて辛かったことを告白し、反響が寄せられている

エンタメ

2019/07/04 17:20

指原莉乃

元HKT48の指原莉乃が3日、自身のツイッターを更新。卒業発表時に言われてツラかった言葉を明かし、ファンから多くのコメントが寄せられている。


 

■「すごくツラかったの思い出した」

指原は「卒業発表のときに『◯◯のときまでいてほしかった!』って言われるの嫌だったし、すごくツラかったの思い出した」と、卒業発表をした当時、言われてツラかった言葉について回顧。そして、「自分の人生なんだから自分のタイミングでいいと思うの」とつぶやいた。

連続のツイートでは、「思うのはもちろん自由。本人に言うのはなんか違うなあってことです」とした上で、「私は2人が帰ってくるまでいてくれると思ってたって言われて、わかるけどギョッとした」と告白。

アイドルグループ「IZ*ONE」での活動に専念するためにHKT48の活動を休止している宮脇咲良、矢吹奈子のことと思われる2人について触れ、ファンの発言に理解はできたものの、驚いてしまったともつづっている。


関連記事:指原莉乃、否定的な言葉を使う人に持論 「ぜひ一度考えてみてほしい」

 

■寂しさも感じた

また、HKT48は新劇場やオリジナル公演など、今後も大きなイベントが控えていることに触れ「新劇場に立ってるメンバーも見たいと思うけど…」と胸の内をつづる。

そんな中で卒業を決断したことについて「なんで待てなかったの?」と言われてしまったことに、寂しさを感じたともつぶやいている。

次ページ
■一大決心にエール