N国・立花代表、「マツコが『5時夢』降板打診」と発言し騒然 話し合い望む声も

マツコのコメントに不満を募らすN国・立花代表が実力行使

エンタメ

2019/08/13 06:00

立花孝志

13日、NHKから国民を守る党の立花孝志代表が、『5時に夢中』放送中のTOKYOMX訪問し、「マツコ・デラックスが降板を申し出ている」と明かしたことに驚きの声が広がっている。


 

■事の発端はマツコのコメント

事の発端はしらべぇでも既報の通り、マツコ・デラックスが『5時に夢中』内で、7月に行われた参議院選挙で議席を獲得した「NHKから国民を守る党」について、

・「NHKをぶっ壊すって目的だけで国政に出られたら、それに税金払われたらそっちのほうが迷惑」


・「(票数が伸びた理由は)冷やかしじゃない?」


・「宗教的な感じもある。この人(立花孝志代表)も気持ち悪いし、なんかすごい女性もいる」


・「受信料問題を真剣に考えている人もいるけど、ふざけて投票した人もいる」


などとコメントしたことだった。


関連記事:マツコが「うさぎメイク」を毒舌でバッサリ 「死ねばいい」発言に賛否

 

■立花氏がYouTube上で反論

これについてNHKから国民を守る党の立花孝志代表は自身のYouTubeチャンネルで、「選挙にふざけていく人はいない」「実際にNHKの集金人の行動によって怖い思いをしている人がいる。その人たちが支持している」と反論。

そして『5時に夢中』が、自身がコメントに反論するとN国の話題を全く取り上げなくなったことなどから、12日にMXのスタジオに行き、出待ちをすることを予告していた。

次ページ
■立花氏が番組Pに訴え

あなたにオススメ