得点が入るのに「トライ」なのはなぜ? ラグビーの秘密にチコちゃんが迫る

『チコちゃんに叱られる』でラグビーの「トライ」の語源を解説

エンタメ

2019/08/31 09:00

チコちゃん
30日に放送された『チコちゃんに叱られる!!』(NHK)で扱われたテーマのひとつ「得点を決めたのに『トライ』というのはなぜ?」が注目を集めている。

ラグビーで得点を決めた際に「トライ」というが、なぜ得点を決めているのに「トライ」なのだろうか。素朴な疑問の答えをチコちゃんが教えてくれた。


 

■「得点への挑戦権をえるから」

チコちゃんのテーマへの回答は「得点への挑戦権をえるから」という。どうやらルールが整備されていく名残で「トライ」という言葉を使い続けているようだ。

ラグビーは現在、トライを決めると5点、そのあとにコンバージョンキックに挑戦。そこでゴールを決めるとさらに2点というルールになっている。ラグビーが生まれた当初のルールは、トライは「コンバージョンキックへの挑戦権」でしかなかった。


関連記事:ラグビー日本、因縁のスコットランドに勝ち決勝T進出 快挙に感動の声

 

■選手のストレスからルール変更

しかし、苦労してトライしてもキックでゴールしないと点が入らないということに選手たちの不満がたまりルールが改善されることに。

トライの価値が1点、2点と段々高まり、1992年に現在と同じ5点となった。

次ページ
■納得の声

あなたにオススメ