『さんま御殿』東大医学部生の子供を持つ母親登場 人柄に「苦手」との声も

『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)に、東大医学部に合格した4人の子供の母親が登場。

エンタメ

2019/09/11 06:30

東京大学

10日に放送された『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)では、子供を持つ女性芸能人が本音を思い思いに語った。

その中でも、東京大学に合格した4人の子供の母親が初登場したことで、視聴者の注目が集まっている。


 

■4人の子供達は東大医学部

母親は、三人の息子と一人の娘を東京大学の医学部にに合格させた人物。初対面ということで、司会の明石家さんまは母親に「何屋さんでいらっしゃるの?」と質問。すると、ゲストのくわばたりえは「さんまさんよりすごいと思う」と強く言い切った。

母親によると、現在は上2人の子供が医者として働いており、下2人の子供が大学生だという。さんまが教育法について尋ねると、母親は「勉強は嫌いにさせたらお母さんとしてはダメなんですよ」と語った。

対してゲストの加藤夏希が「でも親が(勉強が)嫌いだと、嫌い嫌いっていう教育をついしちゃうんですよね」と悩みを打ち明けると、母親は「そういう時はプロに頼むってことですね、お金出して」と、独自のアドバイスをしてみせている。

また、母親は「私が100教育を持って主人はもう0で、主人は一切口を出さないということにしている」と、実際に行ってきた教育も明かした。


関連記事:コロッケの娘・滝川光が『さんま御殿』に登場 父親直伝のモノマネ披露に視聴者も絶賛

 

■視聴者からは様々な意見が

東大生を子供に持つ母親のトークについて、視聴者からは「なんか怖い」といった声の他、「4人とも東大ってすごい」といった声が上がっている。


■日本は子育てしやすい?

しらべぇ編集部が全国10〜60代の男女1,732名に調査を実施したところ、27.0%が「日本は子育てしやすい国だと思う」と回答。

子育て

共働き世帯になくてはならない育児休暇の取得率を上げるなど、父親と母親ともに子育てがしやすい環境を作らなければ「子育てのしやすい国」とは言えないだろう。

今回再注目された母親は、子供たちへの教育方法などで再び注目を集めそうだ。

・合わせて読みたい→夏休みの子供にイライラしてしまう… 悩む母親に「すごくわかる」の声

(文/しらべぇ編集部・綿 つゆ子

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年3月22日~2019年3月27日
対象:全国10代~60代の男女1,732名(有効回答数)

あなたにオススメ