かっぱ寿司とはま寿司が家系ラーメン発売 驚くほど低クオリティだったのは…

かっぱ寿司とはま寿司、家系ラーメンが美味しいのは…

グルメ

2019/09/20 10:30

人気回転寿司チェーンのかっぱ寿司とはま寿司が、同時期に神奈川県横浜市発祥の『家系ラーメン』を発売。

かっぱ寿司は吉祥寺の人気店『武蔵家』とコラボ、はま寿司は専門店と同様にヤマサ醤油をスープに使うなど、どちらもこだわりの一杯らしい。

そんなにこだわっているなら、家系ラーメンマニアとしてはぜひ食べておきたいところ。まずは近所のかっぱ寿司で家系ラーメンを食べることにした。


 

■かっぱ寿司の家系ラーメンを実食

かっぱ寿司の家系ラーメンは390円。武蔵家監修とデカデカと書かれており、かなりの自信がうかがえる。

具材はほうれん草とチャーシューに、別添えの海苔が3枚と、オーソドックス。気になるお味は…


関連記事:人気家系ラーメン店店主がかっぱ寿司とはま寿司の家系ラーメンをガチ評価! 結果は…

 

■これは家系ラーメンではない

かっぱ寿司に恨みはないが、家系マニアとして言いたい。「これは絶対に家系ラーメンとして認められるものではない」と。

見た目は家系ラーメンだが、家系ラーメンに必須のスープのコクはないし、麺も水分が多く安い冷凍つけ麺のような食感になっているのだ。

わかりやすく例えるなら「魚介豚骨つけ麺のスープから魚粉やカツオを抜いて少し水を加えたような味」である。武蔵家にも行ったことがあるが、それとはかけ離れた味。量も1人前より少ないため、これで390円はコスパも悪い。

かっぱ寿司がオススメするようにガリなどを入れれば美味しいラーメンとしては成立しているが、家系としては申し訳ないがクオリティはかなり低いと感じた。

次ページ
■はま寿司の家系ラーメンを実食

この記事の画像(8枚)


あなたにオススメ