生田斗真が無職でニートのダメ男に! 『俺の話は長い』の見どころ

10月12日、生田斗真主演ドラマ『俺の話は長い』がスタートする。

エンタメ

2019/10/12 06:00

生田斗真主演のドラマ『俺の話は長い』(日本テレビ系)が本日10月12日から放送開始となる。本作の見所について、しらべぇ編集部記者の目線で紹介したい。



 

■ドラマ『俺の話は長い』とは

物語の主人公・岸辺満(生田斗真)はニートの31歳。大学卒業後、コーヒーにはまり起業したものの失敗。現在は、夫が残した喫茶店を営む母・房枝(原田美枝子)と一緒に暮らし、6年間実家に「寄生」している。

内心では自分でも何とかしたいと思っている満だが、「口げんかだけは誰にも負けない」ヘリクツを駆使し、自分のダメさを誤魔化し続けて、何もしないまま堕落な生活を続けていた。

しかし、そこにマイホーム建て替えのため、一時的に実家に姉・綾子(小池栄子)一家がやって来ることに。姉家族たちとの生活で満の生活は一変! 姉は、弟のヘリクツを「単なる現実逃避」とぶった切り、母親を攻める。そんな姉の影響を受けて心が揺らぐ母。

果たして満は周りからの攻撃に耐え、自立することができるのか。本作は満に翻弄されながらも、家族が絆を深めていくコメディーホームドラマである。


関連記事:現役看護師グラドル・蒼乃茜、初DVDはドヤ顔で「だから言ったじゃない」

 

■生田斗真がダメ男に!

イケメン俳優の生田が髪をボサボサにし、口をとがらせ、くすんだ色のパーカーを着ているビジュアルが印象的なこのドラマ。ビジュアルを見ると普段のキラキラのイケメンオーラは消え、本当にだらしない男に見える。

ドラマ公式HPの生田のインタビューによると「満の持つ脱力的な雰囲気を出せるよう、意気込み過ぎず、肩の力を抜いて演じていきたい」とのこと。

生田は日テレドラマ初主演、そして連ドラの主演自体も4年ぶり。久しぶりテレビで見ることができる、生田のリラックスしたダメ男は注目ポイントのひとつだ。

次ページ
■個性豊かな家族の成長