松本人志、『クレイジージャーニー』終了に「全てやらせじゃない」 賛同広がる

『クレイジージャーニー』打ち切りに松本人志が…

エンタメ

2019/10/22 05:00

松本人志

21日、TBSが番組内の演出に「やらせ」があったとして放送休止となっていた『クレイジージャーニー』の打ち切りを発表。

これに伴い、出演者の松本人志がTwitterで「ある呼びかけ」を行ったことが話題だ。



 

■評価が高かった『クレイジージャーニー』

『クレイジージャーニー』は、2015年からTBS系列で放送されていた人気番組。世界を股にかける「狂気の旅人」を紹介し、松本人志と設楽統、そして小池栄子がコメントする内容が好評だった。

2018年には「第44回放送文化基金賞番組部門・テレビエンターテインメント番組」で最優秀賞に輝いており、その評価はかなり高い番組だったのだ。


関連記事:小池栄子と坂田亘の悪行を大泉洋が暴露 「完全にヤカラの当たり屋夫婦」

 

■TBSが打ち切りを発表

ところが2019年、珍しい生物を探し求めて旅する企画で、事前に生物を準備し放したうえで、偶然見つけたように見せる演出を行っていたことが発覚。同様のケースが過去にもあったことも判明し、放送休止となった。

TBSは21日になり、『クレイジージャーニー』と同様に「やらせ」で放送休止をしていた『消えた天才』について、「継続は困難」として、番組を打ち切りとすると発表。ファンに動揺が広がっていた。

次ページ
■松本人志が番組について訴え