加藤浩次、映画上映中のスマホに苦言 「ド正論すぎる」と反響相次ぐ

『スッキリ』映画上映中にスマホを見る若者を加藤浩次がバッサリ。「言ってくれてありがとう」と称賛が相次いでいる。

エンタメ

2019/11/27 14:30

加藤浩次

タレントの加藤浩次が27日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)で、映画館の上映中にスマホを使う人に苦言を呈した。



 

■我慢できない人は映画館へ行かないほうがいい?

しらべぇでも既報のとおり、映画上映中のスマホを使う行為について注目が集まっている。番組が男女100人にアンケートを実施したところ、84人が「上映中にスマホを使われたら気になる」と答えるなど、多くの人が迷惑を感じる行為であることは間違いないようだ。

スマホいじりを我慢できない人について紹介されると、加藤は「映画行かないほうがいいよ。あとからDVDとかネットで配信されたときにダウンロードしてスマホで見ればいいじゃない。そんだけスマホが好きだったらそうしてくださいよ。我慢できないんだったらそうしてください」と苦言を呈する。


関連記事:映画館での「上映中スマホ問題」が話題に 興行会社は「マナー向上に努める」

 

■スマホを触りたいのであれば…

さらに、「それでも映画館に行きたいって人は、(映画の)公開が終わる頃に行ってください。公開開始はやめてください」とバッサリ。

ハリセンボンの近藤春菜が「入り口付近の席を取ってください。携帯が鳴ったらすぐ出て…」と話すと、加藤は「もしくは一番後ろ。一番後ろの列、はい!」と締めた。

次ページ
■「ド正論」と称賛の声