『ミヤネ屋』新幹線殺傷、生存者の現在に悲痛 アンミカの一言に「さすが」

新幹線車内で3人が殺傷された事件で、被告に無期懲役の判決。被害者遺族や生存者に目を向けたアンミカのコメントに、多くの反響が寄せられている。

エンタメ

2019/12/18 19:00

アンミカ

昨年6月、東海道新幹線車内にて乗客の男女3人が殺傷された事件で、殺人や殺人未遂の罪に問われた小島一郎被告(23)の裁判員裁判の判決公判が横浜地裁で開かれ、無期懲役の判決が言い渡された。

同日放送の『ミヤネ屋』(読売テレビ)での、生存者の現況を踏まえた、モデル・アンミカの発言に、反響が寄せられている。



 

■生放送中に無期懲役判決

新大阪に向かう東海道新幹線の列車内で、女性客2人をナタで切りつけられ、その後止めに入った男性が執拗に切りつけられて殺害された、凄惨な無差別殺人事件。

無期懲役との判決に、アンミカは「無期懲役でも、模範囚で早く出てきてまた誰かに被害が及ぶかもと思ったら…。今2人の生存されている(被害者の)方も、精神的苦痛で外出が困難な状況で、ずっと恐怖に怯えて暮らすんです、彼が生きている限り」と、報道されている被害者女性たちの現状について言及した。


関連記事:松本人志、新幹線殺傷事件へのトラウマ明かす 「思い出してしまう」

 

■「ご遺族は極刑を望むと思う」

そして「ご遺族の方は、今の日本の極刑が死刑だったら、ご遺族の方の心理を考えたときに、極刑を望むと思うんですよね」とコメント。

小島被告は、これまでの裁判で死刑を免れて無期懲役となることを望んでおり、被告の思い通りの判決になっていることから、「死刑になるのが罪を意識させられないんだったら、思い通りにならないことで償うというのもあったんじゃないかな」と訴えた。

遺族や、今も苦しみ続けている生存者に目を向けたアンミカのコメントには、「アンミカさんめっちゃいいことおっしゃる…さすが…」「アンミカの言う通り」など多くの反響が。


■「万歳三唱」にリポーターも怒り

その後、横浜地裁小田原支部で取材を続けていた現地リポーターより、小島被告が裁判の最後に「控訴はしません、万歳をします、万歳三唱します」と言っで法定で万歳をしたことが伝えられた。

これには「傍聴席に被害者の方、ご遺族が来ていたらどんな気持ちで…」と宮根誠司も絶句。前代未聞の行動に、リポーターの男性も「これほど酷い被告、私もみたことがありません」と怒りをにじませた。

インターネット上にも「大切な人を殺された上に万歳三唱なんかされたら怒りで頭おかしくなりそう」「テレビ見てゾッとした」など、怒りの声が相次いでいる。

・合わせて読みたい→新潟女児殺害「無期懲役判決」に女性弁護士から疑問の声 報復される可能性も

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい