アイドルを狙った事件も… 瞳に写るものをチェックする人の思考

人物画像で瞳に写ったものを、チェックしている人は多いものなのだろうか。アイドルに対する事件も、記憶に新しい。

テクノロジー

2020/01/04 09:00


 

■瞳をチェックする発想が浮かばない

そもそも、瞳に写るものを見ようとする発想が浮かんでこない人も多いだろう。

「まず、瞳に写っているものを確認しようという発想が頭に浮かんでこない。そこから住所まで特定しようとするのは、ものすごい執念だと思う。


その特定力をもっと違ったところで生かせば、とても有能な人になったかもしれないのに残念だな」(30代・男性)


関連記事:雛形あきこ、自撮り投稿に注意喚起コメント続々 「マンションが解析できる」

 

■一般人も写り込みに注意を

写り込みの可能性があるものは、すべてに注意を払ったほうがいいとの声も。

「瞳だけではなく、窓ガラスやテレビなどに写るものとかにも注意したほうがいい。アイドルのように不特定多数から好意を寄せられる人ならもちろん、一般の人も警戒してもいいくらい。


SNSとかで普段は親しい人としかやり取りをしていなくても、誰が見ているかわからないから。おかしな人が見ている可能性だって、否定はできない」(40代・男性)


インターネットが広がり、とても便利な世の中になった。しかし一方で、怖いことが起きる可能性も頭に入れておく必要がありそうだ。

・合わせて読みたい→フラッシュで片方の瞳だけに白い光 父親が息子の悪性腫瘍を発見

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年10月28日~2019年10月30日
対象:全国10代~60代の男女1,733名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)