府中市場『ビッグマッグ』が激ウマ ビッグマックポリスも全力疾走で食べにくる味

まさかのメニュー名『ビッグマッグ』に驚き

グルメ

2020/01/11 16:40

海産物を取り扱う市場に来ると食べたくなるのが、やはり新鮮な魚介類を使った『海鮮丼』だ。

各市場それぞれ趣の異なる海鮮丼を提供しているが、府中市にある大東京総合卸売センター(府中市場)には、かなりユニークな丼がある。


画像をもっと見る

 

■気になるメニュー名『ビッグマッグ』

その丼を提供する店とは、カレーやまぐろ丼が自慢の店『のんしゃらん食堂』。

そのメニューとは、たっぷりのまぐろが盛られた『ビッグマッグ』。たまたまマクドナルドのビッグマックと名前が似ているが、ビッグなまぐろ丼を欧米人に通じるように配慮した名前にしたら、偶然そうなったのだと思われる。


関連記事:ケンタッキーのチキンを「最高においしくする方法」がスゴすぎる

 

■デカ盛りでもリーズナブル

値段はセルフサービスのみそ汁と小鉢が付いて、税込1,310円とリーズナブル。

しかし、まぐろはビッグマッグの名に恥じぬほどのてんこ盛りで、ボリューム感はスゴい。わさびもしっかり香りのよいものを使っている。


■あっさり味で激ウマ

気になる味だが、特製のタレに漬けられたまぐろと酢飯の相性は最高! あっさりした赤身がメインなので、男性ならペロッといけてしまうだろう。

名前だけでなく、デカ盛りでも激ウマな部分もビッグマックに似ていると感じた。きっとビッグマックポリスも全力疾走で食べにくるぐらいの美味しさである。


■店主おススメはチキンカレー

ビッグマッグもとても美味しかったが、店のホームページを見ると店主がもっとも力を入れているのは特製のチキンカレーらしい。

まぐろ丼がこれだけ美味しいのに、それ以上におススメのチキンカレー、いったいどんな味なのだろうか…また来店して食べなければならなそうだ。

・合わせて読みたい→北海道のお米人気3品種食べくらべ 『ふっくりんこ』『ゆめぴりか』『ななつぼし』

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

この記事の画像(5枚)