怒りを伝えるのは大切だと思う? 「怒らずに伝えるのが重要」との意見も

怒りを相手に伝えるのは、難しいことである。癇癪を起こさずに、相手の気持ちを尊重した伝え方が重要だ。

人間関係

2020/01/14 12:00

怒る人
(Wavebreakmedia/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

ストレートに怒りをぶつけるのは、大人の行動としてはよろしくないと言われている。しかし怒っている気持ちを、きちんと相手に伝えたいと思っている人も多いだろう。


画像をもっと見る

 

■「怒りを伝えるのは大切」7割近くも

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,798名を対象に、「怒りについて」の調査を実施。

怒りを伝えるのは大切だと思うグラフ

「怒りを伝えるのは大切だと思う」と答えた人は、全体で67.7%と高い割合になっている。


関連記事:最近怒りっぽくなった? 30代女性の4割が怒りを抑えられなくなったと実感

 

■夫婦間のすれ違いには

性年代別では、すべての年代で男性よりも女性の割合が高くなっているのが印象的である。

怒りを伝えるのは大切だと思う性年代別グラフ

長い時間一緒にいる夫婦でさえも、怒りが伝わらないことがあるのだ。

「夫婦生活を続ける上で、ちょっとしたことから気持ちがすれ違うこともある。しかしうちの夫はかなり鈍感な人なので、私が怒っていることに気づかないことも多い。


怒りを秘めたままでいるとストレスがたまるため、私は夫に『このようなことで怒っている』とちゃんと伝える。そこから気まずくなることもあるけれど、ちゃんと話し合って解決することも多い。だから伝える意味は、とてもあると思う」(30代・女性)

次ページ
■上司に必要な見守る力

この記事の画像(3枚)