永野芽郁、幼少期ショットがまるで天使 「めちゃくちゃカワイイ」「面影ある」

女優の永野芽郁が今から13、14年前の幼少期ショットをインスタグラムで公開。ハート奪われたファンから次々反響が寄せられている。

13日、新成人になった女優の永野芽郁がインスタグラムを更新。

今から13、14年前に撮影した、まるで天使のような幼少期ショットに「面影めっちゃある笑」「もう顔が85%も出来上がってる」とネットで反響を呼んでいる。



 

■「新成人のパワーすごいはずだもん」

View this post on Instagram

・ 6.7歳のわたし。 気づけば新成人だなんて。 毎年テレビで見ていたのにな。 あっという間なような、違うような。 不思議な感覚のままだけれど 沢山のおめでとう、がとても嬉しい。 皆様、ありがとうございます☺︎ この先どんな時間生きるのかな〜。 やっぱりどこか不安だけれど 今は怖がってないで楽しまなきゃね。 だって新成人だもん。 新成人のパワーすごいはずだもん。 新成人って新成人って。ね。 思い込みも大事だと思ってる!笑 #新成人って言いたい #3文字の輝き凄い #先を歩いてくれている全ての方に #感謝と尊敬と大好きを #これからも追っかけさせてください笑 #いつか逞しい背中が出来上がりますように笑

A post shared by 永野芽郁 (@mei_nagano0924official) on

「6.7歳のわたし。気づけば新成人だなんて」とコメントを添え、大きな花束の奥でクリクリおめめをのぞかせる幼少期ショットを公開した永野。

人生の大きな節目を迎え、今後「大人の女性」として歩むことに不安を吐露しつつも、「今は怖がってないで楽しまなきゃね。だって新成人だもん。新成人のパワーすごいはずだもん」とフレッシュな言葉で自らを奮い立たせていた。


関連記事:キンタロー。衝撃の新成人ショットに驚きの声 「一体何があったんですか?」

 

■晴れ着姿にも反響

永野は前日12日にツイッターで晴れ着姿を公開しており、約20万ものいいねが入るなど、こちらも話題になっている。

白と赤の綺麗な着物姿のまま目を閉じ、上を向いているという不思議なショットで、「慣れないお着物と無心になって一つになろうとしている私です笑」と独特の感性で写真を解説した。


■ファンから祝福の声

幼少期の秘蔵ショットに、ファンからは「だいぶ面影あるね!」「やっぱこの頃からかわいい」「目がクリクリで超かわいいです」と称賛の声が相次いでいる。

また、晴れて新成人となったことについて「芽郁ちゃん新成人おめでとう!」「大人の世界へようこそ!」とお祝いの言葉を贈るファンも散見された。

・合わせて読みたい→川島海荷、強風が顔に吹きつけ… 公開された写真に「誰!?」とファン衝撃

(文/しらべぇ編集部・キモカメコ 佐藤