『ダウンタウンなう』梅宮辰夫さんがダウンタウンの番組を断らなかった理由は…

『ダウンタウンなう』「本音でハシゴ酒」梅宮クラウディア・梅宮アンナ・娘の梅宮百々果一家と三山ひろしが登場。故・梅宮辰夫さんのエピソードが語られる。

エンタメ

2020/02/20 20:30

21日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)の「本音でハシゴ酒」に、梅宮クラウディア・梅宮アンナ・娘の梅宮百々果一家と三山ひろしが登場する。


画像をもっと見る

 

■浜田が駆けつけたとき…

番組では、昨年12月に亡くなった俳優・梅宮辰夫さんの知られざる伝説の数々が明らかに。娘・アンナへの一風変わったしつけから、孫・百々果への溺愛っぷりまで、家族しか知らないエピソードをぶっちゃける。

辰夫さんはダウンタウンの番組に数多く出演。とくに浜田雅功はプライベートでも彼を“辰兄(たつにい)”と呼ぶなど慕っており、家族ぐるみで付き合っていた。

百々果は現在18歳だが、浜田は彼女のことを小さな頃から知っていることもあり、「大きくなったなぁ…」と感慨深げに。辰夫さんが亡くなった際も浜田はすぐに駆けつけたといい、アンナは当時の彼の様子をものまねで再現する。

普段の彼のイメージからは想像できないその様子に、アンナは思わず笑ってしまったと語る。


関連記事:浜田雅功、梅宮辰夫さんへの最期の言葉が「泣ける」と大反響

 

■ダウンタウンの番組を断らなかったワケとは…

また、坂上忍は「梅宮辰夫さんはダウンタウンの番組は一度も断ったことがない」という伝説を紹介。ダウンタウンの2人のことが大好きだったという辰夫さんは、全身タイツやパイ投げなどのむちゃな要望にも全て応えてくれたのだそう。

今回はそんな彼がダウンタウンと共演した際の貴重な映像が次々に登場し、一同は笑いの渦に包まれる。

彼がここまでダウンタウンをかわいがり、番組に出演し続けた理由についてアンナは、辰夫さんが「ダウンタウンの番組は収録が楽しい」と話していたと明かす。しかしそこには、ある別の理由があるようで…?

彼女がそれを暴露すると、意外すぎるその訳に浜田が思わず吹き出す場面も。

次ページ
■梅宮家のぶっとび子育てエピソード

この記事の画像(4枚)