埼玉の激安スーパーが協力する「子育て応援活動」がステキすぎる

埼玉県の激安スーパー『ゼンエー』の協力するフードパントリーとは

地域

2020/02/26 10:30

埼玉県草加市にある激安スーパー『ゼンエー』は、リーズナブルな価格でいい商品が手に入ることで、近所に住んでいる人なら知らない人はいないほどの人気店。

記者も近くを通ったとき、たまに寄ることがあるのだが、ゼンエーがなにやら非常に興味深い活動に協力していた。


画像をもっと見る

 

■フードパントリー

その活動とは「フードパントリー」というもので、家庭に眠っている缶詰や米、お菓子など常温保存可能で賞味期限内の食料品を客に提供してもらい、児童扶養手当受給者やひとり親家庭医療費受給者を対象に配布するというもの。

スーパーでテキトーに買ったものがいつの間にか賞味期限切れになっていた…と、結局食べなかったなんてことは意外とある。それをあげることで食品ロスを防ぎ、困っている人たちを助けてあげられるとは…なんていい活動なんだ。


関連記事:新型コロナの影響で売上が急上昇した食品 非常事態に「在庫がない」と悲鳴

 

■記者も食品を渡してみた

記者もその活動に協力すべく、自宅の食料を保存してある場所を漁ると、賞味期限があと2ヶ月の中華料理用ソースと、イオンで買った常温保存できるおでんを発見した。

さっそくゼンエーに持っていき店員にどうやって渡せばいいのかと聞くと、レジ横のカゴに入れておいてもらえれば配布日にフードパントリーを行っている団体が渡してくれるとのこと。


■食品を眠らせている人はぜひ参加を

ゼンエーは食品ロスの防止にも非常に力を入れているが、こういった食事に困っている人たちを助ける活動にも協力するとは、さすが地元で愛されているスーパーだと再認識できた。

場所が最寄り駅からかなり離れているため、地元に住んでいるか車が無いとなかなか行きづらい場所だが、もし自宅に眠っている食品がたくさんある人がいたら、ぜひフードパントリーに参加してほしいと思う。

・合わせて読みたい→じつは「発酵」と「腐る」は同じ 発酵食品のナゾにチコちゃんが迫る

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

この記事の画像(4枚)