吉永小百合、港で見た別れに感銘 「胸が切なくなります」

女優の吉永小百合が、長崎・五島列島のPRイベントに登場した。

エンタメ

2020/02/26 16:00

吉永小百合

女優の吉永小百合が、26日に『五島の椿プロジェクト発表会』に登場した。


画像をもっと見る

 

■個人的に訪れた五島列島

冒頭、「ウイルスが猛威を振るい、沢山の人が苦しんでいる中で開催いただき、誠にありがとうございます」とイベント開催に感謝の言葉を口にする。

同日から放送開始の、長崎・五島列島をPRするCMに出演。五島列島にはプライベートで何度か足を運んだ土地だといい、「初めて行ったのは2011年。仕事のお仲間と教会群を見て回るツアーに参加しました。協会の佇まい、空気の美しさ、魚の美味しさに感動しました」。


関連記事:川口春奈がYouTube開始 里帰り動画が最高すぎる「3つの理由」

 

■食べ物に舌鼓

「人間の生きる原点だという気がしました。翌年にも行って、『たびたび旅行で来られたら』とつくづく思っていた折、今回のお話をいただきまして、ぜひやらせてくださいと頼みました」と話し、旅行で訪れた土地が今回のオファーに結びついたことに感銘。

「なまこが嫌いでしたけど、採れたてのを食べたら美味しかったり、五島牛もコシがあって美味しかったです」と舌鼓を打ったこともあると話す。


■島を出る生徒を目にし…

五島列島では、高校生は卒業すると就職や進学のために島を離れるケースが多い。

港で、そうした生徒が島を出る船に乗り、見送られる光景を目にし、「五島を離れる生徒を見て、胸が切なくなる光景…。いつまでもいきいきと生活したら素敵だろうと思いました」とうるっと来た瞬間もあったと振り返っていた。

・合わせて読みたい→肉屋がコロッケを売るのはなぜ? チコちゃんが語った意外な秘密とは

(文/しらべぇ編集部・亀井 文輝

この記事の画像(3枚)