「やっぱりステーキ」は「いきなりステーキ」最強の刺客になるか 比較してみた

年末年始と大規模な閉店情報が相次いでいる「いきなりステーキ」。そんな中、沖縄発のあるステーキチェーンに待望論が湧き上がっている。

国内最大規模のステーキチェーン「いきなりステーキ」(以下いきステ)を脅かす新進気鋭のステーキチェーンがある。

ステーキに加えライス、スープ、サラダ食べ放題で1000円という“最強コスパ”が武器の沖縄発「やっぱりステーキ」(以下やぱステ)だ。


画像をもっと見る

 

■沖縄発の刺客

やっぱりステーキ

2015年に沖縄で誕生して以降、あっという間に県内に店舗を拡大し、2020年3月現在、全国に約50店舗を展開している「やぱステ」。大都市圏では福岡、大阪、名古屋、仙台への進出を果たしており、残すは首都・東京のみという情勢だ。

今年に入り東京進出の噂が頻繁にネット上を賑わせており、ネット上では「東京、神奈川で食べたい!」「東京にもできないかな…」「東京進出が待ち遠しい」と待望論が絶えない状況が続いている。


関連記事:『いきなりステーキ』と『ステーキガスト』どちらがお得? 高級部位で比較

 

■安さと美味さがウリ

やっぱりステーキ

人気の秘訣は3つある。1つはステーキそのものが安い。「いきなりステーキ」では「ワイルドステーキ200g」単品の税込1243円がステーキ最安値だが、「やっぱりステーキ」では「赤身ステーキ200g」税込1,000円となり、これにライス、サラダ、スープのお代わり自由が付くので、さらに満足度が高い。

やっぱりステーキ

人気は「やっぱりステーキ180g」(1,000円)。肉質は安かろう悪かろうではない。

採用している部位はあっさりとした食感と濃厚な味わいのミスジ肉で、分厚くカットした上でレアで提供するのは「いきステ」のワイルドステーキと同様だが、肉の柔らかさでは「やぱステ」に軍配。ただ、ワイルドステーキは肉々しさが魅力の一つであり、ここはそれぞれの好みが出そうだ。

次ページ
■自在の味付け

この記事の画像(12枚)