新型コロナウイルスで「衣服のリスク」は? 洗濯術や対策についてクリーニング店に聞いた

花粉症の人たちは、コートについた花粉のケアをしているだろうが、ウイルス対策はどうすればいいのだろうか。

ジャケット
(Artyom_Malov/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

中国・武漢での流行が発端となった新型コロナウイルスが、世界中で猛威をふるっている。28日までに、全世界の感染者は65万人を超え、死者は3万人以上。国内でも2,405人が感染し(クルーズ船含む)、うち62人が死亡した。

25日には、小池東京都知事が記者会見し、都内企業でのテレワークや週末の不要不急な外出自粛を要請。日本も、感染爆発の瀬戸際に立たされている状況だ。



 

■衣服のリスクは?

マスクやアルコール消毒液は品薄状態が続くが、手洗いや咳エチケットに気をつけている人は少なくないだろう。しかし、鼻や口、手以上にウイルスに触れる面積が広い衣服については、どうだろうか。

花粉症に悩む人は、帰宅した際に玄関で花粉を払い落とすなど、家の中に持ち込まない対策をしている人も多いが、ウイルスの場合はどのような対応をするべきか、また対処方法があるのか。兵庫県西脇市のクリーニング店『東田ドライ』に話を聞いた。


関連記事:「女の子は1人でどのくらいするの?」人気アパレル元社長が女子社員にしたセクハラ発言

 

■布地ではウイルスの寿命が短い

東田伸哉社長によれば、「インフルエンザなどのウイルスは、一般的に布地についた場合は寿命が極端に短い」という。そのため、コートやジャケットなどの「布の部分」についてはとくに心配する必要はないとのこと。

セーターやカットソー、下着などほぼ布地だけでできた衣服については、家庭での通常の洗濯で問題なく、むしろ「ウイルスを除去する目的」で漂白剤などを過度に使用するのは、衣服を痛める恐れがあるため望ましくないそうだ。

次ページ
■ボタンなどは高リスク
洗濯インフルエンザクリーニング衣服テレワーク新型コロナウイルス高リスク東田ドライ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング