平安時代から続く”生きた荘園遺跡”での「領主募集」が話題に その特典の中身とは

大分県豊後高田市の千年以上歴史がある荘園風景が話題に。「荘園領主募集」の中身とは…

話題

2020/04/01 13:00

豊後高田市
(写真提供:豊後高田市)

国の重要文化的景観にも選定された美しい中世の荘園景観を、後世へ伝えるために「荘園領主募集」を実施している街が、SNS上で話題を呼んでいる。しらべぇ取材班は、市の担当者から詳しく話を聞いた。


画像をもっと見る

 

■全国トップレベルの子育ての街

大分県豊後高田市は、人口約2万2千人の街で、子育て支援の充実を目指している。

豊後高田市
(画像提供:豊後高田市)

2018年4月からは、子育てにかかる経済的な負担を軽減するために「高校生までの医療費」と「幼稚園・小学校・中学校の給食費」を同時に無料化。2019年4月には、市内保育園の保育料・市内幼稚園の授業料の完全無料化を実現した。

2020年4月1日からは、新たに、妊産婦医療費の「保険適用自己負担額」を助成し、安心して子どもを産み育てられる環境の更なる充実を図っている。


関連記事:『ダウンタウンなう』倖田來未、過激な衣装を着ることになった悲しい理由

 

■千年以上の歴史がある荘園風景

その豊後高田市の田染小崎(たしぶおさき)地区は、国の重要文化的景観に選定され、中世の荘園景観を残す田染荘(たしぶのしょう)がある。日本の原風景ともいわれる田染荘には、今もなお中世の風が吹いている。

豊後高田市
(写真提供:豊後高田市)

火山活動でできた円錐形の国東(くにさき)半島。その南部に広がる田染盆地では、千年以上も昔の古代の頃から開発がなされ、平安時代には宇佐神宮の荘園「田染荘」が誕生した。

次ページ
■歴史遺産を後世に伝えるために

この記事の画像(6枚)