平日が憂鬱な人は3割超え 会社が嫌でテレワーク普及を望む人も

平日には、仕事をしている人が多いだろう。仕事が嫌な気持ちが強い人は、憂鬱な気持ちになっていることも。

ビジネス

2020/04/20 08:00

平日は仕事をしている人が多いだろう。中には会社に行くのが嫌で、憂鬱な気持ちを抱いている人もいるはずだ。


画像をもっと見る

 

■「平日は憂鬱」3割超え

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,789名を対象に、「感情について」の調査を実施した。

平日は憂鬱になるグラフ

「平日は憂鬱になる」と答えた人は、全体で34.2%だった。


関連記事:男女間で意識差も… 自分の顔を鏡で見ていると憂鬱になる理由

 

■仕事に行くのが嫌

性年代別では、男女ともに年代が低くなるほどに割合が増えている。

平日は憂鬱になる性年代別グラフ

やはり、仕事に行くのが嫌な人が多い。

「仕事に行くことを苦痛だと思っているので、やはり平日は嫌な気持ちを抱えている。なんといっても職場の人間関係が嫌なので、会社までの足取りがつらい。


テレワークがこのまま浸透してくれたら、嫌な上司の顔を見ることも少なくなるのにと期待している。ただおそらく、うちの会社では無理だろうな」(20代・男性)

次ページ
■年を取りメンタルが強く

この記事の画像(3枚)