映画『キングダム2』の羌瘣が広瀬すずであるべき3つの理由 ヒロインの要素とは

映画『キングダム2』に向けて、羌瘣(きょうかい)の配役の議論が盛ん。そこで初回作を参考に配役議論を考察。

エンタメ

2020/06/07 09:20

キングダム

映画『キングダム2』への期待が高まり、人気キャラ・羌瘣(きょうかい)の配役議論が盛んとなっている。どう考えるべきだろうか。



 

■トップ人気キャラ・羌瘣

羌瘣とは、漫画『キングダム』において1番の人気を誇るキャラクター。人気の秘密は、暗殺者一族で育った生い立ちの過酷さと可愛らしさのギャップだろう。羌瘣は、主人公・信と出会うことで変わっていく。

姉同然に育った羌象(きょうしょう)を卑怯な手口で殺された復讐を果たし、家族もなく復讐だけに生きてきた羌瘣にとって、信の隊である『飛信隊』が帰る場所となっていくのだ。羌瘣は、壮絶な戦いの中でも安らぎの心と明るさを取り戻していく。


関連記事:長澤まさみ、大胆な肩出し衣装でファンを悩殺 「色気がヤバい…」

 

■羌瘣の能力

元の過酷な生い立ちと、取り戻していく女性らしいかわいらしさと実際の美しさにて、羌瘣は漫画『キングダム』の人気を背負うほどの人気キャラクターだろう。

実力も最強格に近く、強さの秘密は「トーンタンタン」と呼吸の続く間だけ舞う「巫舞(みぶ)」という剣技。巫舞は呼吸の限りがあるので、羌瘣もまた護られる存在であるところもヒロインとして魅力を増す。


■迫力が求められる映画

以上の魅力的なキャラクターを演じるにあたりどのように配役を考えるべきか。『キングダム』は作者・原泰久氏による迫力ある画力もその魅力の1つ。やはり、迫力のある演技力こそが映画でも映えた。

映画を成功へと導いた王騎将軍役の大沢たかおはもちろん、吉沢亮も信の幼なじみ・漂と秦王・嬴政(えいせい)との1人2役という難しい役どころを見事に演じ切り、後に始皇帝となるような凄みもまた観客を魅了した。

次ページ
①演技力

この記事の画像(1枚)