ZARAの新型コロナ対策が超スタイリッシュに 思わず二度見するレベル

『ZARA』の店内を眺めると、新型コロナウイルスの対策が目に入る。ブランドの雰囲気と見事に調和しており…。

ライフ

2020/06/17 18:20

ZARA

新型コロナウイルスの対策に頭を悩ませている接客業。人同士が接するという業務形態ゆえに、どれだけ対策を講じても「敏感になりすぎる」ということはないだろう。


画像をもっと見る

 

■多くのショップでは…

アパレルショップを利用する上で「買うものが元々決まっている」というタイプの人もいるかと思うが、気になる商品を見比べたり試着をしたり、のんびりショッピングを楽しみたい人も多いはず。

しかし昨今では新型コロナの影響を鑑み、商品に触れることそのものに抵抗を覚える人は少なくないだろう。多くのアパレルショップでは入店時に手の消毒を呼びかけるなどの対策をとり、感染拡大のリスクを抑えようと努力している。


関連記事:『ユニクロ』の店内から姿を消したモノ 店側の英断に称賛集まる

 

■ZARAの「溶け込み具合」がスゴい

スペインを代表するブランド「ZARA」(ザラ)はファストファッションの雄として、ここ日本でも確固たる地位を気づいた存在。

記者が都内近郊のザラを訪れると、その店舗では新型コロナ対策の「呼びかけ」がごく自然に行なわれていたのだ。

ZARA

同店では商品をハンガーにかけての陳列をメインにしており、各エリアのハンガーラックに「商品の種類」と「値段」を表記。しかしよくよく見ると、一部のハンガーラックには商品の情報でなく、「ソーシャルディスタンス」「PLEASE,KEEP DISTANCE」というメッセージが書かれていたのだ。

次ページ
■ブランドの雰囲気を損なわない

この記事の画像(3枚)