無印良品、エコバッグを実質無料で販売 エコな取り組みに「さすが」の声

無印良品が、7月1日以降も紙製バッグを無料配布することを発表。エコな取り組みにも注目が集まる。

話題

2020/07/09 05:30

無印良品

7月1日から全国で実施されているレジ袋有料化だが、バイオマス素材を配合したレジ袋に切り替えて無料提供を継続する企業なども存在する。

今年3月からプラスチック製のショッピングバッグの提供を順次中止し、7月1日以降も紙製バッグの無料提供を継続している無印良品には、お得感がスゴいエコバッグのサービスが存在することをご存知だろうか。



 

■「実質無料」のエコバッグ

View this post on Instagram

紙製ショッピングバッグの無料配布を継続します – 2020年7月1日、プラスチック製ショッピングバッグの有料化がはじまりました。 無印良品では、以前より、一度使っただけで廃棄されることの多いプラスチック製ショッピングバッグの配布を、順次廃止してきました。 – 代わりに、紙製のショッピングバッグを、今後も引き続き無料でお渡しします。 – 紙バッグに収まらない大きなサイズの商品には、繰り返し使える、大型の再生ポリプロピレンバッグを販売しています。 3つの大きさを用意していますが、価格はいずれも同じ150円(消費税込み)です。 – この再生ポリプロピレンバッグは、使い終わったらお店へ返却することで、支払った150円が手元に戻る仕組みです。 もちろん、返却せずに、そのままバッグを使い続けることもできます。 – また、無印良品では、マイバッグを持参された方へ感謝の気持ちを込めて、一度のお買い物ごとに、「ごみゼロ(530)」にかけた、530マイルをプレゼントしています。 マイルの登録や利用には、無料のスマートフォン向けアプリケーション『MUJI passport』がおすすめです。 – 人と自然とのより良い関係を考える無印良品は、地球のごみを減らすため、できることからはじめています。 – #無印良品 #MUJI #マイバッグ #mybag #ショッピングバッグ #shoppingbag #エコバッグ #ecobag #レジ袋削減 #MUJIマイル

A post shared by MUJI無印良品 (@muji_global) on


無印良品で紙製バッグに収まらないほど大きな商品を購入した場合には、繰り返し使用できる再生ポリプロピレンバッグが3サイズ販売されている。各サイズいずれも税込150円で購入可能で、店舗に返却すると支払った150円が戻ってくるため「実質無料」と考えることも。

なお、返却されたバッグは「BRINGプロジェクト」によってリサイクルされるという。


関連記事:モスバーガー、レジ袋有料化にも動じず 紙バッグの無料提供を継続へ

 

■大容量のサイズに驚き

3サイズ展開されている再生ポリプロピレンバッグのうち、もっとも大きいサイズは、人間がすっぽりと入れるほどの大容量。

SNS上でも「めちゃめちゃデカくてびっくり」「用途が思いつかないけどとにかくスゴい」と反響を呼んでいた。

次ページ
■エコバッグの買い物でお得