無印良品、エコバッグを実質無料で販売 エコな取り組みに「さすが」の声

無印良品が、7月1日以降も紙製バッグを無料配布することを発表。エコな取り組みにも注目が集まる。

2020/07/09 05:30

無印良品

7月1日から全国で実施されているレジ袋有料化だが、バイオマス素材を配合したレジ袋に切り替えて無料提供を継続する企業なども存在する。

今年3月からプラスチック製のショッピングバッグの提供を順次中止し、7月1日以降も紙製バッグの無料提供を継続している無印良品には、お得感がスゴいエコバッグのサービスが存在することをご存知だろうか。



 

■「実質無料」のエコバッグ

https://www.instagram.com/p/CCX6UcfBvYo/


無印良品で紙製バッグに収まらないほど大きな商品を購入した場合には、繰り返し使用できる再生ポリプロピレンバッグが3サイズ販売されている。各サイズいずれも税込150円で購入可能で、店舗に返却すると支払った150円が戻ってくるため「実質無料」と考えることも。

なお、返却されたバッグは「BRINGプロジェクト」によってリサイクルされるという。


関連記事:モスバーガー、レジ袋有料化にも動じず 紙バッグの無料提供を継続へ

 

■大容量のサイズに驚き

3サイズ展開されている再生ポリプロピレンバッグのうち、もっとも大きいサイズは、人間がすっぽりと入れるほどの大容量。

SNS上でも「めちゃめちゃデカくてびっくり」「用途が思いつかないけどとにかくスゴい」と反響を呼んでいた。

次ページ
■エコバッグの買い物でお得

「楽天スーパーSALE」12月4日20時から 約200万点が半額以下に

買い物環境問題無印良品エコエコバッグ紙袋マイバッグ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング