NYタイムズが「世界一うまい」と認めた辛ラーメンブラックを食べてみた

ニューヨークタイムズが世界一うまいと認めた辛ラーメンブラックの味とは

グルメ

2020/07/29 10:20

1851年創刊、ニューヨークに本社を置き、日本でも朝日新聞社内に東京支局を置くニューヨークタイムズは、米国で第3位の発行部数を誇る新聞社だ。

そんなニューヨークタイムズが、6月にシェフや料理本の執筆者、ラーメンマニアに聞いた「最高のインスタント麺」を発表。1位はなんと韓国・農心の辛ラーメンブラックとなっていた。


画像をもっと見る

 

■辛ラーメンブラックとは

辛ラーメンブラックは日本のスーパーでもよく見かける赤いパッケージの辛ラーメンの高級版で、だいたい2倍程度の価格で売られていることが多い。

ブラックはあまり置いていない店が多いのだが、韓国系食材が豊富なイオンにある輸入食材店・カフェランテなどでは置いてあることが多い。


関連記事:蒙古タンメンで作る旨辛カルボナーラが激ウマ 辛味が消える衝撃の味に

 

■ダブルスープが特徴

特徴としてはさまざまな食材が入ったかやくやダブルスープで、原材料表記がかなり長くなってしまうほど。

入れるタイミングが一緒なためなぜスープを混ぜずに2種類に分けているのかは不明だが、何らかのこだわりがあるのかもしれない。

次ページ
■パンチのある香り

この記事の画像(9枚)