お盆の帰省で混乱も 50代女性では9割が「コロナ機会に政府の情報精査」希望

新型コロナウイルスの流行から、政府は多くの情報を発信している。その情報を、どのように精査していくべきなのか。

2020/08/13 12:00

新型コロナウイルスへの対策として、政府はたくさんの情報を発信している。中には国と地方の意見が違い、混乱するケースもある。


画像をもっと見る

 

■「情報を精査して」8割近く

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女2,168名を対象に調査したところ、全体の77.0%が「新型コロナウイルス感染症をきっかけに政府の情報を精査してほしい」と回答した。

新型コロナウイルス感染症をきっかけに政府の情報を精査してほしいグラフ


関連記事:ビートたけし、猛暑と新型コロナ政府対応に困惑 「東京の人、可哀想だな」

 

■お盆の帰省でも意見が

性年代別では、すべての年代で男性よりも女性の割合が高くなっている。

新型コロナウイルス感染症をきっかけに政府の情報を精査してほしい性年代別グラフ

お盆の帰省でも、大きく意見が分かれていた。

「お盆の帰省の話だけでも、国と地方自治体で見解がまったく違っていた。最終的には本人が決めるものなのだろうけれど、せめてきちんと話し合って意見を統一できないのかと思った」(30代・女性)


「GoToトラベルキャンペーンをやっている一方で、県をまたぐ移動は控えるようにというのはおかしいと思う。それぞれに言っていることが違うと、こちらも混乱してしまう」(40代・女性)

次ページ
■未知のウイルスに政府も
政府情報調査新型コロナウイルス精査
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング