天理大学クラスター感染者計53名に 現在ラグビー部員24名が入院中

天理大学ラグビー部クラスターが計53名に。大学の今後について詳しく聞いた結果…

話題

2020/08/18 18:45

新型コロナウイルス・COVID-19
(画像提供:アメリカ国立アレルギー・感染症研究所)

奈良県は、18日までに新たに天理大学の学生29名の新型コロナ感染が確認されたと発表した。これで天理大学ラグビー部のクラスター感染は、合計53名となった。しらべぇ取材班は、現状と今後について、県と大学から詳しく話を聞いた。



 

■現在ラグビー部員24名が入院中

奈良県疾病対策課によると、8月9日にラグビー部20代学生の新型コロナ発症が確認されて以降、18日までに合計53名の感染が確認された。うち24名が入院、29名がホテルで療養中だという。

ラグビー部寮生167名とマネージャ4名、関係する職員10名のPCR検査はすべて終了。これで検査人数181名中陽性が53名、陰性が128名となった。


関連記事:古市氏、日大ラグビー部暴行問題に苦言 「学生への謝罪が一言もない」

 

■部活動再開のめど立たず

天理大学によると、陰性者は現在寮にいるが、順次ほかの施設に移し、その後寮の消毒を行う方針だという。また、ラグビー練習場なども保健所の指導のもと、実施予定。

現在、24日まで大学の全クラブが活動中止となっているが、ラグビー部以外は今後活動を再開予定だ。ラグビー部は、関西大学ラグビーAリーグ4連覇中で、全国大学選手権で準優勝経験がある強豪。ラグビー部については、現在のところ、活動再開のめどは立っていないという。


■後期の授業は対面で実施予定

広報・社会連携課によると、後期の授業は9月16日から開始で、今のところ、対面での授業を予定しているそうだ。県疾病対策課はしらべぇ編集部の取材に対して、「現在寮にいる部員は寮で外出自粛中のため、ラグビー部関連のクラスターはこれで落ち着くのではないか」と述べた。

・合わせて読みたい→ケンコバ&ねお、コロナ下でラグビー熱を持続させる“保温鍋”番組のMCに

(取材・文/しらべぇ編集部・おのっち