AmazonでPS5を予約しようとしたら… ありえない転売品に悲鳴続出

プレイステーション5の予約受付が開始されたが……Amazonには悪質な転売ヤーも出現し、予約戦争は混沌とした状況に

話題

2020/09/18 16:20

11月12日から発売予定のゲーム機「プレイステーション5(Play Station 5)」の予約受付が、18日から開始された。

各地で熾烈な争奪戦が繰り広げられる中、Amazonには早くも悪質な「転売ヤー」が出現し、インターネット上では怒りの声が相次いでいる。



 

■正規価格は5万円以下

プレイステーション5の発売発表当時、インターネット上では喜びの声とともに「想定していたよりも良心的な価格」にも注目が集まった。

ディスクドライブ非搭載モデルのデジタル・エディションは3万9980円(税抜)、Ultra HD Blu-rayディスクドライブ搭載モデルの正規価格は4万9980円(税抜)となっており、5万円を切る価格帯に、ゲーム好きなユーザーからは「5万円以内とは思わなかった」という驚きの声が。


関連記事:ディズニー再開、転売ヤー続出にファン悲鳴 「エコバッグが…」

 

■Amazonに悪質な高額転売品が…

PS5の転売品
(画像はAmazonのスクリーンショット)

超人気商品のため、Amazonでの同日の予約受付分は瞬く間に完売。さらに、350,000円というとんでもない高値が付けられた、誤クリック(誤タップ)を狙った悪質な転売品まで出回る事態に。

ツイッター上には、誤って転売品をクリックしてしまったというユーザーからの嘆きの声も複数確認できる。さらに転売品は「購入後のキャンセル不可」となっている他、「キャンセルした場合は迷惑料として5万円」という悪質極まりないマイルールを設ける転売ヤーも見られるが、「Amazonのカスタマーサービスのチャットに連絡したら対応してくれた」との報告も。


■怒りと呆れの声

人気商品の完売と同時に、悪質な転売品が出回るという流れに、インターネット上には「AmazonさんのPS5……ほら始まりましたよ、この流れ」「怒りを通り越して呆れております」と、呆れる声が続出。

また、あまりの入手困難ぶりに「予約するってレベルじゃねえぞ」というハッシュタグも流行し、「転売ヤー」のモラルを問う怒りの声や、悪質な高額転売への対策強化を求める声も相次いでいる。

・合わせて読みたい→消毒液ビジネスで40億円稼ぐ夫婦 正義が生んだアイデアに転売ヤー完敗

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

この記事の画像(1枚)