これぞ「優しい世界」? 気遣いに自信を持つ人は6割に迫る

人間関係を保つには、周囲への気遣いが欠かせない。気遣いができていると思っている人は、どれほどいるのだろうか。

人間関係

2020/09/21 21:00

人間関係を円滑にするには、周囲に対する気遣いが欠かせないものである。気遣いができていると胸を張っていえる人は、はたしてどれほどいるのだろう。


画像をもっと見る

 

■「気遣いできる」6割も

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,789名を対象に、「気遣いについて」の調査を実施した。

自分は気遣いができるほうだと思うグラフ

「自分は気遣いができるほうだと思う」と答えた人は、全体で57.7%だった。


関連記事:モテ期などまったくなし! 人生で一度もモテたことがない人たちの叫び

 

■他人数の会話での気遣い

性年代別では、ほとんどの年代で男性よりも女性の割合が高くなっている。

自分は気遣いができるほうだと思う性年代別グラフ

日常生活の何気ない場面で、周囲の状況を見ながら気を遣っている人もいる。

「大人数で会話しているときには、話せていない人はいないかなどを気にするほう。あまり会話に入れていない人には話を振り、できるだけみんなが話せるよう工夫もしている。


そうやって気を遣っているとものすごく疲れるし、そこまでしても空気を読まず自分ばかり話す人もいる。でももはや生まれ持った性格のようなものなので、やめられない」(20代・女性)

次ページ
■こちらが気を遣ってしまう

この記事の画像(3枚)