『志村どうぶつ園』が16年半の歴史に幕 滝沢カレンは「一生、二生、三生忘れません」

『天才!志村どうぶつ園』が16年半の歴史に幕。3年間携わってきた滝川カレンが番組への思いを記した。

エンタメ

2020/09/27 05:00

滝沢カレン

モデルでタレントの滝沢カレンが26日、自身のインスタグラムを更新。同日に最終回を迎えた『天才!志村どうぶつ園』(日本テレビ系)への思いを記した。



 

■16年半の歴史に幕

『志村どうぶつ園』は、新型コロナウイルスによる肺炎で今年3月に死去した志村けんさん(享年70)の冠番組。 豪華ゲストたちと共に、かわいい動物たちと触れ合っていく内容だ。

この日は「16年半ありがとう…志村園長と一緒に最終回2時間スペシャル」と題して、志村さんの最後のロケ映像などこれまでの名場面を振り返り、577回、16年半の歴史に幕を閉じた。

10月からは、志村さんの思いを引き継いだ動物番組『I Love みんなのどうぶつ園』(同局系)が放送される。


関連記事:『24時間テレビ』志村さん役に「似てて鳥肌立った」 再現ドラマに驚き

 

■滝沢は「一生の思い出」

最終回に出演した滝沢は、番組放送終了後にインスタグラムを更新した。

「大好き」だったという番組に携わった3年間を振り返り「志村園長が何年も何年もあたたかくて楽しい場所にしてくださった『志村どうぶつ園』に出場することができたことは、わたしの一生の思い出です」と、自身にとって大切な番組であることを強調。

「志村さんはもちろん、出場者様、スタッフ様、みなさんがあったかくて優しくて笑っちゃう大好きな場所です」ともつづり、最後は「3年間、動物たちの素晴らしさと笑いを合わせて、たくさん教えてくださりありがとうございました。一生、二生、三生、も忘れません」と感謝の言葉で結んでいる。

View this post on Instagram

みなさん、「天才!志村どうぶつ園」見ていただけましたか? 本日で、最終回となりました。 志村どうぶつ園ファミリーに 参加させていただき、実は3年が経ちました。 テレビの外から毎週ワクワク見ていた私が テレビの中のあの椅子に座れることになるなんて、 きっとあの時代の私に教えてあげたいです。 たくさんの動物たちと触れ合いができたり、動物たちのことが知れたり 動物が主人公の大好きな番組でした。 そんな大好きな番組の終わりが急にやってきて、 最初は、本当に寂しいと言う私がいました。今もです。 でも志村園長が何年も何年も あたたかくて楽しい場所にしてくださった 「志村どうぶつ園」に出場することができたことは、わたしの一生の思い出です。 途中からな私に志村さんはもちろん、出場者様、スタッフ様、みなさんがあったかくて優しくて笑っちゃう大好きな場所です。 だから、一緒に過ごせた時間は絶対になくならないし、終わらないって気持ちで強まっています。 悲しいけど、前を見るという勇気も教えていただきました。 そして何より、 いつまでも動物は立派で可愛くて、何があっても大好きだということも私の中では変わりませんし、大きくなり続けます。 3年間、 動物たちの素晴らしさと笑いを合わせて、たくさん教えてくださりありがとうございました。 一生、二生、三生、も忘れません。

A post shared by 滝沢カレン/KAREN TAKIZAWA (@takizawakarenofficial) on


■涙するファンも

コメント欄には「お疲れ様でした」「今までありがとうございました」など、滝沢の活躍を見守ってきた視聴者からの労いのメッセージが。「泣きました」「涙が止まりません」と、番組愛あふれる滝沢の投稿に、涙するユーザーの姿も見受けられた。

その他にもファンからの反響の声が殺到。3年間という短い間だったが、滝沢がいかに愛されていたかがよく分かる。

・合わせて読みたい→千鳥・大悟、週刊誌に満面の笑みを撮られた理由 「タクシー降りた瞬間…」

(文/しらべぇ編集部・RT