新型コロナウイルス感染拡大で広がる在宅勤務  出勤を望む人の意見とは

在宅勤務が広がりつつある社会情勢だが、出勤を望む人もいる

ビジネス

2020/10/06 11:30

テレワーク
(ake1150sb/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

新型コロナウイルス感染拡大以降、在宅勤務を採用する企業が増加。職種によっては、完全在宅となっているケースも少なくないと聞く。

そんな在宅勤務だが「通勤のストレスがない」などと歓迎の声がある一方で、「オンとオフの境界線が難しい」「出勤したい」と感じている人もいる様子。在宅勤務者は、どう考えているのだろうか。



 

■在宅と出勤、どちらを望む?

しらべぇ編集部は全国の10~60代の在宅勤務者176名に調査を実施した。

結果、出勤を望む人は29.8%、在宅勤務は70.2%。7割は、在宅を好んでいる。


関連記事:30代の6割が「在宅勤務する環境がなくストレス」 作業用デスクが…

 

■年代別に見ると…

出勤を望む人を年代別に見ると傾向が出た。20代は出勤派が1割と低調だが、30~40代は4割、50~60代は3割が出勤を望んでいる。30代以上は「在宅は嫌」という人も確実に存在している。

次ページ
■在宅派の声は

この記事の画像(2枚)