マスクの中を快適にする“飴”が誕生 マスク着用中のあの問題にも配慮

「カンロ飴」「ビュレグミ」でお馴染みのカンロから、マスク生活を快適にする飴が登場。マスク着用中はミントが目に染みる問題にも配慮

グルメ

2020/10/06 19:00

ノンシュガー快適飴

6日、『ピュレグミ』などでお馴染みのカンロ株式会社は、マスクの中でもすっきりとしたほどよい爽快感が感じられる、ミントのアソートキャンディ『ノンシュガー快適飴』(税込216円)を、同日から全国で発売した。



 

■マスク生活の中で求められる飴は…

新型コロナウイルス感染症対策のため、現在は、大多数の人が日々マスクを着用して生活している。その中で、マスク着用時の「息苦しさ」や「湿気」を不快に感じている人は少なくない。

そのため、マスク生活を快適に過ごすためのグッズを求めるニーズが高まっており、同社が独自に「マスクをしながら食べる飴で購入したいものは」という消費者調査※を実施したところ、「爽快感」がある飴が最も求められていることが判明したという。

(※2020年6月実施消費者調査:20~40代女性 N=360、3か月に1回以上コンパクトキャンディ購入者を対象)


関連記事:イオンのマスクショップ 「マスクと一緒に使うべき神商品」があった…

 

■ほどよいミントで目には刺激を与えない

ノンシュガー快適飴

そこで、同社が「マスクを付けていても快適に感じられる飴」というコンセプトのもと開発したのが、この『ノンシュガー快適飴』だ。

強すぎず程よいミントがきいた爽やかな味わいで、目への刺激を抑え、マスクを付けていても快適に気分をリフレッシュすることが可能に。マスク着用時にミント系の菓子は目に染みるため敬遠しがちだが、同商品はそうした細かい部分にまで配慮されているのだ。

また、フラボノイド、ペパーミントエキスが配合され、マスクの中を快適な香りに保ってくれるという。


■嬉しいノンシュガータイプ

味は、グレープフルーツミントとライムミントの2種アソート。つるつるとしたなめらかななめ心地の製法が用いられているため、食べ続けてもずっと口の中も快適。

ノンシュガータイプのため、カロリーを気にしている人でも気にせず楽しむことができるぞ。外出時や仕事中など、長時間マスクを着用する人はとくに、試してみてはいかがだろうか。

・合わせて読みたい→イオンの夏マスクがさらに進化 肌荒れや不快感を軽減して快適に

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

この記事の画像(2枚)