『SUITS OF THE YEAR 2020』開催決定 フルCGのバーチャル授賞式に注目

『SUITS OF THE YEAR 2020』が11月5日(木)に開催されることが決定。CG技術を駆使した新しい表現にも注目!

エンタメ

2020/10/23 04:00

SUITS OF THE YEAR 2020

「ビジネスや自分のフィールドで情熱を持ってチャレンジし、時代を変えていく才能や志を持つ人」を表彰するアワード『SUITS OF THE YEAR 2020(スーツオブザイヤー)』。

過去には、俳優の田中圭や元ラグビー日本代表主将の廣瀬俊朗らが受賞している同アワードが、11月5日(木)に開催されることが発表された。



 

■3度目の本授賞式開催

日本経済新聞社デジタル事業メディアビジネスユニット『NIKKEI STYLE Men’s Fashion』と世界文化社『MEN’S EX』が共催する本アワード。

「チャレンジを纏う=SUITS」をコンセプトに、ビジネス、芸術・文化、 エンターテインメントなど様々な分野で活躍する人を複数部門で選出する。2018年にスタートし、本授賞式の開催は今回が3度目だ。


関連記事:SSFF&ASIA2020グランプリが発表 小池都知事がアーティストにエール

 

■フルCGによるバーチャル授賞式

今回は、フルCGによるバーチャル授賞式を実施。日本では初めてのフルバーチャルのアワードとして、煌びやかな都会の夜景をCGで演出する。

CGはアマナグループが提供する次世代型バーチャル・ライブ・ビジュアルソリューション「deepLIVE」にて制作され、高度な技術と洗練された表現力でグリーンバックからリアルな情景を作り出す。

次ページ
■受賞者が並んでいるように見えるが…

この記事の画像(2枚)