30代女性の3割が職業差別の被害経験 当事者が語る内容とは

コロナで広がっているとも言われる職業差別。経験者が語る被害内容は…

ライフ

2020/11/26 11:00

職場
(metamorworks/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

新型コロナウイルス感染拡大で、大企業を中心にテレワークの導入や輪番制出勤など、社員をコロナから守る動きが進んでいる。

その一方で中小や特定分野では、感染対策に力を入れることできない企業も。そんな会社や個人に心無い言葉を投げかけ、蔑視する人物もいると聞く。また、一部には職業を聞いただけで、差別的な思想をぶつけてくる人間もいるらしい。


画像をもっと見る

 

■職業差別を受けた経験者は…

職業差別を受けた経験を持つ人はどのくらいいるのか。しらべぇ編集部は全国の10~60代の有職者1,259名に調査を実施した。

結果22.2%が「経験あり」と回答。決して、少ないとはいえない割合ではないだろうか。


関連記事:自分の容姿に悩んだことがある? 10代女性は7割が経験あり

 

■経験者の多い世代は?

男女別に見ると傾向が出た。

最も高い割合だった世代は30代。女性では30.1%と3割を超えている。就職氷河期よりも下の世代で、職業差別を受けた経験を持つ人が多い。

次ページ
■経験者の声は?

この記事の画像(3枚)