『鬼滅の刃』最終巻めぐり作者が謝罪 締めの言葉に衝撃受けるファン続出

『鬼滅の刃』公式ツイッターが作者・吾峠呼世晴氏の書き下ろし4コマとコメントを投稿。締めの言葉に注目が集まっている。

2020/11/27 19:30

鬼滅の刃

12月4日に最終23巻が発売されることを記念し、『鬼滅の刃』公式ツイッターアカウントが、作者・吾峠呼世晴氏による書き下ろし4コマ漫画とコメントを公開。

ファンからは喜びの声が多数上がっているが、締めの言葉に驚かされたファンも多いようだ。



 

■なんとも嬉しいサプライズ

最終巻発売まで1週間となった27日、『鬼滅の刃』公式アカウントは「コミックス最終23巻発売記念!」と添え、「吾峠先生から描きおろし4コマ漫画とコメントが到着いたしました!」と投稿。

4コマ漫画には最終巻についてのコメントを寄せる主人公・竈門炭治郎(かまど・たんじろう)と、その妹・禰豆子(ねずこ)が描かれている。


関連記事:『鬼滅の刃』最終巻の表紙が判明 1巻との対比に「尊すぎる…」とファン大歓喜

 

■追加ページに関する訂正も

最終巻には「物語の結末に追加の書き下ろしが14ページ加わる」という情報がアナウンスされていたのだが、今回のコメントにて吾峠氏から正確な情報が明記された。

当初のアナウンスを受けて、「最終話の後日談があるのでは…」と期待していたファンはかなり多い。しかし今回公開された情報によると、「雑誌掲載時にカットした箇所の追加」と「巻末に本編から浮いた漫画を収録しています」とのこと。

次ページ
■「締めの言葉」が衝撃

「楽天スーパーSALE」12月4日20時から 約200万点が半額以下に

ツイッター漫画話題ワニ鬼滅の刃吾峠呼世晴最終巻
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング