9月に退任した安倍晋三前首相 仕事への評価には世代差も

安倍晋三前首相の仕事ぶりについて聞いてみると…

政治

2020/12/02 10:30

安倍晋三

2020年9月、連続在任期間1位となった安倍晋三首相(当時)が辞職し、菅義偉官房長官が新たに第99代内閣総理大臣に就任した。任期中、その仕事ぶりについて様々な意見が上がった安倍前首相。世間はその仕事ぶりをどう感じたのだろうか。



 

■安倍前首相の仕事ぶりをどう思う?

しらべぇ編集部は全国の10~60代の男女1,844名に調査を実施。

結果、「仕事ぶりを評価している」と答えた人は36.1%だった。



関連記事:賛否両論のアベノマスク 使った人が感じた効果とは?

 

■世代で意識に差

安倍前首相の仕事ぶり評価する人を世代別に見ると傾向が出た。


10代の割合が高く、男性は56.4%。また、女性も49.7%となっており、若者から絶大な支持を受けていることが明らかに。一方60代は評価が低く女性21.6%、男性28.7%。理由は不明だが、シニア世代は安倍前首相の仕事に否定的だ。

次ページ
■評価しない人の声は

この記事の画像(2枚)