水族館のかわいすぎる返礼品が話題 クラウドファンディングを行う理由を直撃

経営の危機を乗り切るため、またいきものを守るための起死回生策。その中身とは…

話題

2020/12/04 15:45

新型コロナウイルスの影響から、飲食店の2020年1月から11月までの倒産が736件と通年での過去最多を更新した。そんな中、水族館も深刻な打撃を受けており、その起死回生策が話題を呼んでいる。


画像をもっと見る

 

■閉館中もいきものたちのために

大分マリーンパレス水族館は、大分県大分市の高崎山下海岸にある民間の水族館。 1964年に大分生態水族館マリーンパレスとして開館し、2004年4月1日にリニューアル開業して、大分マリーンパレス水族館「うみたまご」となった。

うみたまご外観
(写真提供:うみたまご)

うみたまごはコロナ渦で今年4月中旬から5月末まで休館に追い込まれた。しかし、水族館には生き物がいるため、その間にもスタッフが出勤して、えさやりから水槽の清掃など、管理業務を行わなければならない。


関連記事:客1人しかいない水族館の「衝撃投稿」が話題 その悲しすぎる理由とは

 

■運営には多額の費用が

館内には、500種1万5千匹のいきものがおり、セイウチなどの獣類のえさ代だけでも年間約3千万円を要する。また、えさ代の単価も年々上昇しており、質と量を維持することが困難になっている。

セイウチ
(写真提供:うみたまご)

さらに水質管理や温度管理のために、電気代・ガス代などがかかり、約90人いるスタッフの人件費も必須だ。しかし、営業再開後の来館者は例年の4割程度で厳しい状態が続いているという。

次ページ
■人気殺到の「かわうそ手型」

この記事の画像(5枚)