太田光、渡部建の記者会見について印象語る 「質問者がモンスターだった」

『サンデー・ジャポン』で太田光が渡部建の会見に言及。人権侵害を指摘する一幕も。

2020/12/06 12:30

太田光

6日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)に太田光が出演。アンジャッシュ・渡部建の謝罪会見について率直な感想を語った。



 

■あれをやりたいと言ったのは渡部

アンジャッシュの2人とは30年来の付き合いがあるという太田。今回、渡部の謝罪会見は「吊し上だし、いじめっちゃいじめだった」としたうえで、「ああなるのはわかっていたのに、あれをやりたいって言ったのは渡部ですから、しょうがないところはある」とコメント。


関連記事:井上公造氏、渡部建の会見に「厳しい質問をしないと意味がありません」と持論

 

■渡部の人権について指摘

続けて、「精神科の病院に通ってるんですか」「病名はなんですか?」「何回通ってるんですか?」「依存症ですか?」といった質問があったことを挙げ、太田は「そこまで踏み込むんだ」と思ったようだ。

「渡部が倫理的に外れてるのはあれだけど」と前置きした上で、「渡部にも人権がある。連続レイプ魔じゃないわけで、連続レイプ魔だったとしても人権はあるわけで」と質問が人権侵害にあたるのではないかと指摘。

→【Amazonブラックフライデー】年に1度のビッグセール! 12月1日(木)23:59まで。

次ページ
■質問者のほうがモンスター
不倫モラル謝罪会見質問人権太田光渡部建サンデー・ジャポン
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング