「AIと結婚」トレンド入りに反響 「できるならしたい」「未来の世界みたい」の声

「AIと結婚」がツイッターのトレンド入り。勘違いだが「結婚したい」といった声も続出した。

話題

2020/12/07 18:55

結婚式のカップル
(west/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

7日、来年度から政府がAIを利用した婚活「AI婚活」を後押しするという報道が話題に。中には「AIと結婚」と勘違いする人も出ており、トレンド入りを果たした。



 

■AI婚活を後押し

少子化対策の一環として、AIを活用した自治体の婚活支援活動を後押しすると報道。相性の良い相手をAIが選ぶことで婚姻数を増やして少子化を防ぐ狙いがあるようだ。

現在の主要マッチングサービスは、年齢や学歴、年収といった要素から希望条件を紹介するのが一般的だが、AI婚活は趣味や価値観などの質問の回答を基にするのだという。


関連記事:石原さとみの結婚相手「GS社員」報道で勘違い続出 「ガソリンスタンド?」

 

■「AIと結婚」がトレンド入り

「AI婚活」が話題となっている傍ら、「AIと結婚」もトレンド入り。同報道を見た多くの人が「AIと結婚ができるようになる」と勘違いしていたようだ。

「AIと結婚」がトレンド入りを果たした後は、「AIと結婚って未来みたいな時代がきたかと思ったら違った」「AIと結婚したいな?」「結婚ってゲームみたいな世界だな」とネットらしい様々な感想がみられた。


■半数が「アプリの出会いに抵抗あり」

AIを利用した婚活といえど、やっていることはマッチングアプリとほぼ同様のことだろう。アプリを使った出会いには抵抗があるという人も少なくない。

しらべぇ編集部が全国10~60代の男女1,363名を対象に調査したところ、全体の56.5%が「マッチングアプリでの出会いに抵抗がある」と回答している。

マッチングアプリ・出会い

今や多くの人が利用するマッチングアプリだが、まだまだ抵抗のある人は多いようだ。少子化対策には全く関わらないだろうが、AIと結婚できる時代は訪れるのだろうか。今後のAIの技術発展や時代の変革に期待したい。

・合わせて読みたい→「出産費用ゼロ」に注目集まるも… 働く女性からは「焼け石に水」と総スカン

(文/しらべぇ編集部・Aomi