年越し寒波は西日本で車が立ち往生レベルの大雪に 気象予報士が語る備えとは

年末年始に列島を襲うと予想される大寒波。先日も関越自動車道で起きた立ち往生のような事態の可能性も?

話題

2020/12/29 14:00

気象予報士・千種ゆり子

年末年始寒波の影響は、特に西日本で大きくなりそうです。国道9号や国道373号は過去にも大規模な立ち往生が起きたことがあり、近畿~中国地方で警戒が必要になると考えています。気象予報士・千種ゆり子が解説します。


画像をもっと見る

 

■北陸だけでなく西日本でも警戒

先日の寒波レベルの大雪も 30日昼~31日昼で、北陸から西の山沿いで70㎝以上の降雪が予想されている所が続出しています。

先日関越道が立ち往生した際と同レベルの降雪を予想しているのですが、今回は大雪エリアがやや西にシフトしている形になります。北陸はもちろん、特に西日本で警戒が必要です。

天気図


関連記事:今季初の寒波襲来を気象予報士が解説 来週は日本海側でいきなり猛吹雪・大雪の恐れ

 

■立ち往生をもたらすJPCZと白頭山の関係

JPCZ…アイドルグループ・A.B.C-Zと空目しそうな名前ですが、れっきとした気象用語。「日本海寒帯気団収束帯(Japan sea Polar air mass Convergence Zone)」の略で、過去もたびたび西日本に大雪を降らせてきました。

天気図

これを生むのが「白頭山(ペクトゥサン)」という朝鮮半島にある標高2,744mの山です。上記画像でシベリアから吹いてくる風が白頭山を回り込むように流れているのがわかると思います。

その風が日本海で再び合流することで雪雲が発達。JPCZの向かう先は、平野部でも大雪になってしまいますが、今回はその矛先が山陰~北陸になる、というわけです。

天気図

ちなみに白頭山は、昨年末にイ・ビョンホンさん主演で韓国で公開された映画としても話題になったのですが、日本でも来年夏に「白頭山大噴火」として公開予定だそうです。

次ページ
■太平洋側でも雪の恐れ

この記事の画像(4枚)