『監察医 朝顔』望月歩が設定した「“ウッシー”が医者を目指す理由」が深い

『監察医 朝顔』第2シーズンで新キャストとして登場する望月歩。注目ドラマへの出演もゴールではない?

望月歩

上野樹里が主演を務め、フジテレビ系「月9」史上初めて2クールで放送されているドラマ『監察医 朝顔』第2シーズン(月曜午後9時)。

その新キャストとして、連続テレビ小説『エール』や大河ドラマ『麒麟がくる』などで注目を集める望月歩が、第8話から出演している。

しらべぇ取材班では今回、このタイミングで望月にインタビューを実施。同作で演じる法医学教室のアルバイト・牛島翔真という役どころや、役作りの方法について話を聞いた。


画像をもっと見る

 

■「現代っ子」と言われるような男の子

望月歩

―――望月さんが演じる、「ウッシー」こと牛島翔真はどのような役ですか?

望月:SNSを頻繁に使ったり、「現代っ子」と言われるような男の子です。今まで、何をやっても失敗することもなく、大体のことが全部できて、怒られることもほとんどなく育ってきたんだろうな、と思います。


だからこそ、何も知らないというか、そんなに物事を深く考えていなくて、今が良ければそれでいいや、と思っているようなところがあると思います。


関連記事:求められるマスク会食 メガネ使用者から「面倒だ」との声があがる理由

 

■ウッシーが医者を目指す理由

―――ウッシーは、特に法医学者になりたいわけでもなりたくないわけでもなく、実家の病院を兄が継ぐため、自分が本当にやりたいことを探している最中、という設定もあります。

一方で、年齢こそ近いですが、望月さんはウッシーとは違って、すでに役者という道を選び、活動されています。共感、という点では難しさもあったのでは?

望月:僕は、ウッシーは法医学をやるかやらないかを決めてないだけで、医者になることに対しては、強い気持ちを持っていると思っています。そういう意味では、自分と一緒なのかな、と。


ウッシーは何でもできてきたけど、兄貴には嫉妬してるというか、ずっと負けてきた。だから、医者になりたい、というよりは、兄貴に勝ちたい、という気持ちを持っているので、医者になろうとしている。


そうだったら面白いな、と思いながら、演じています。

次ページ
■洋楽はやっぱり難しい?

この記事の画像(5枚)